ホテルでのマッサージ

仕事柄、出張に出かけることが多い。 いろいろな地方に行くが、行った先での宿泊はビジネスホテルが主体。
その日の仕事を終えて宿にチェックインする。 鍵を開けて部屋に入り、荷物を置き、ベッドの上に座り一息つく。
明日も仕事、出発時間も早い。 ひとりでの出張が殆どなので、夜の街に繰り出してもつまらないのでひとりでホテルの部屋で過ごすことが
多いのであるが、ひとりで部屋にいると疲れも出てくるので、シャワーを浴びて休憩、歩きつかれた体には・・・
やはりマッサージを呼びたくなる。 というか殆どの場合マッサージを呼ぶ。 部屋に番号が書いてある場合はその場で電話すればよい。
番号がわからなくてもフロントに頼めばそこから手配してくれるか、電話番号を教えてくれる。
フロント経由で頼む場合は、料金が多少割高になることがあるので注意が必要。 ホテル側が手配手数料を取っていると思われる。
まあそういうシステムも世の常なのであまり気にしないことにしている。
前置きが長くなったが、そんなこんなで呼んだマッサージ。 できれば女性で、とお願いしていた。
自分と同い年くらいの女性だった。 ラッキー。 こういうことは珍しい。 大概が残念なケースであるから。
でもその手のマッサージではなく、普通の当たり前のマッサージなので普通に世間話をしながらマッサージしてもらう。
眠ってしまって終了時に起こされることも多いのだが、今回もそうなってしまった。 至福のとき。
出張したときに唯一の楽しみのマッサージ。